HTMLエディタ機能を使ったマルチパートメール配信方法

Mail-High(メルハイ)でマルチパートメールを配信していただくには、HTMLタグを使って記述された、HTMLメールの原稿と、テキストメールの原稿を、それぞれご用意いただく必要があります。

『HTMLタグの記述方法には詳しくないが、マルチパートのメールを送信したい』という方向けに、ここでは、Mail-Highのテンプレート機能を用いた、マルチパートメールの配信方法のご案内を致します。

なお、予めテキスト版の原稿は作成をしておいてください。

テンプレート機能を使って、HTMLメールを作成します

まず最初に、Mail-High(メルハイ)のテンプレート機能を使い、HTMLメールの原稿を作成します。

eテンプレートの種類を選択しますテンプレートに、ヘッダー画像やフッターコピーライト情報を登録する場合には、ヘッダー画像付テンプレートを選択してください。テンプレートにヘッダー画像等を登録しない場合には、シンプルテンプレートを選択してください。

選択したテンプレートに応じて、テンプレートの初期設定を完了し保存します。







作成したテンプレートを選択すると、HTMLエディタ付のHTMLメール作成画面が表示されます。テンプレートに登録した内容(ヘッダー画像、フッター情報、メールの幅サイズを設定するためのテーブル枠)が、初期情報として表示されますので、HTMLエディタ機能を使い、HTMLメールの作成を行ってください。


HTMLエディタ付HTMLメール作成画面

HTMLメールの作成が完了したら、HTMLエディタ内の [HTML]ボタン を選択してください。HTMLエディタを使って作成されたHTMLメールのソースコードが記載された画面が表示されます。


HTMLボタンを選択してソースコードを表示します

表示されたソースコードを全て選択し、テキストエディタ(メモ帳など)にコピーして、貼り付け(ペースト)をしてください。


ソースコードをメモ帳などのテキストエディタにコピーします

ソースコードを貼り付けたテキストファイルに名前をつけて保存します。

以上で、Mail-Highのテンプレート機能を使った、HTMLメールの原稿作成は完了となります。

HTMLエディタで作成した原稿をマルチパート形式でメール配信します

Mail-High(メルハイ)テンプレート機能画面から、メインメニューに戻り、マルチパートメールの作成画面へアクセスします。

マルチパートメール作成画面には、HTML版メールと、テキスト版メールのそれぞれの原稿を登録するフィールドが用意されています。


マルチパートメール作成画面

まずHTMLメールの原稿を登録します。マルチパートメール作成画面のHTML版メールの原稿入力フィールドに、 <html> </html> と入力してください。

HTMLエディタ機能使い作成した原稿を保存したテキストファイルを開きます。先ほど入力した <html></html> の間に、テキストファイルの内容を、全てコピーし、貼り付け(ペースト)をしてください。


HTMLメール原稿の貼り付け

次にテキストメール原稿を登録します。テキストメールは、予め用意してある原稿をテキストメール原稿欄に貼り付け(ペースト)をしてください。

以上で、HTML版メールとテキスト版メールの原稿登録が完了となります。内容を確認し配信処理を行ってください。

HTMLエディタ機能で作成したHTMLメール原稿を修正する

Mail-High(メルハイ)のHTMLエディタ機能を使って作成したHTMLメール原稿を、修正する方法をご紹介します。

HTMLメール原稿の修正は、HTMLタグの記述方法がある程度分かる方は、テキストファイル上で直接修正を行っていただいて結構です。

HTMLタグを直接修正するのが不安な方は、再びHTMLエディタを使って、修正していただくことも可能です。以下にその方法をご紹介します。


Mail-Highのテンプレート機能から、HTMLエディタ付のHTMLメール作成画面を表示します。

次に [HTML]ボタン を選択します。テンプレートに登録されている情報のみが記載されたHTMLソースコードが表示された画面が立ち上がりますので、内容を全て消去してください。


テンプレートに登録されているHTMLソースコードを全て削除します

HTML版メールの原稿を全てコピーして、消去した画面に、そのまま貼り付け(ペースト)をしてください。貼り付け(ペースト)後、「更新」を選択します。


HTML原稿データを貼り付けます

HTMLソースコードの入力画面が消え、HTMLエディタ上に修正するHTMLメールの内容が表示されます。


HTMLエディタで編集できるようになります

HTMLエディタを使い、必要箇所を修正後は、再びHTMLエディタ内の [HTML]ボタン を選択して、HTMLメールのソースコードを表示して、テキストファイルに保存してください。

以上の方法で、HTMLエディタ機能を用いた、HTMLメールの修正が可能です。

このページの一番最初へ戻る